式年遷宮以来のお伊勢参りで長年の感謝と商売繁盛を祈念し別大々神楽を奉納

家族旅行で訪れた式年遷宮以来、二度目のお伊勢参り

今回は、長年健康で過ごして来られたお礼と、
新たな商売がうまくいきますようにと、別大大神楽を奉納した。

※神楽の画像は伊勢神宮のHPより拝借


お伊勢参りは、外宮から行うことが習わしとなっている。

御正宮にてお参りをし、その後に別宮を回るのが正式な順序。
なるほど、外宮の御正宮→外宮の別宮→内宮の御正宮→内宮の別宮という順番か。

 


外宮の橋は火除橋で左側通行

 


勾玉池と式年遷宮記念神宮美術館

 

 


正宮 豊受大神宮

 


天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神をお祀り

 


別宮 多賀宮
豊受大御神の「荒御魂」をお祀りする外宮第一の別宮

 
別宮 土宮地主の神である大土乃御祖神をお祀り

 

 

別宮 風宮風雨を司る級長津彦命級長戸辺命をお祀り

 

 

内宮の鳥居に到着! 内宮は右回り

 


内宮の入口である宇治橋をわたる。

 


境内に入ると、凛とした空気に包まれる。

 


五十鈴川のほとりにある御手洗場で清めてから参拝する。

 


正宮皇大神宮

撮影はここまで。
式年遷宮のときの白木も良かったが、経年の重みが加わるのもまた良い。

 


別宮 荒祭宮(べつぐう あらまつりのみや)
天照大御神の荒御魂を祀り、10ある内宮の別宮の中でも第一別宮として最も重要とされている。

 


大小125の宮社全てをふくめて神宮

 


四至神(みやのめぐりのかみ)
守護神が祀られる神社

 


お参りを終えて、神楽殿に向かう。

 


神楽殿では、別大々神楽 [倭舞・人長舞・舞楽1曲]を奉納

御饌(みけ)に加え、雅楽の調べと共に雅な舞を奉納するご祈祷が「御神楽」

 

 


中庭の見える部屋に案内され、御神楽のときを待つ。

 


神楽殿内は撮影禁止 ※伊勢神宮のHPより拝借
巫女さんは、すっと立たなければならないから、年齢制限は必然だと強く感じる。

 


天照大神に届いたかな。
願いに応じたお神札をいただいてきました。

ご祈祷により大御神の更なるご加護をいただき、豊かで明るい生活を楽しみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。