ペレットストーブ料理!甘くて美味しい焼いもレシピ再検証

何気なくストーブの上で焼いている焼き芋。
蜜がたっぷりの美味しいこと。

小ぶりな芋は焼き損じることは無いが、太い芋だと固くなっちゃうこともあるから、焼きかたについてもう一度 精査してみよう。

以前、以下のように書いた。

さつまいもが甘くなるのは、でんぷんが加熱によって分解され、糖質に変化するため。
そして、65~75℃の温度帯を長くゆるやかにキープすることで、糖質が増えてより甘くなっていく。
つまり、さつまいもの甘みを引き出す最大のポイントは、低温でじっくりと加熱すること。

最近では、おいしい焼き芋を焼くポイントは、「温度」と「水分」
塩水に漬けてから低温でじっくり焼くと、水分が抜けて旨いって( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

さて、お味は・・・・・


茨城産の紅はるかを箱買いぃ~~~!

 

 


これなら何度も実験できるぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 


実験その1:塩水につける。

塩水で、芋の余分な水分をある程度出し味が凝縮して旨みが益す。
漬け物や肉の下ごしらえなど、すべて同じ理屈なのさ。

 

 


実験その2:ストーブを適温に保つ → 焼き面65~75℃

その前に、豪快にファイヤー(^^)v
炉内の温度を一気に上昇させ、暖炉としての役割を果たさねばね。

 

 


その後、極少燃料にて上面温度を適温にキープ。

 

 

 


おぉ~~蜜があふれ出して来たぞ( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

仮説が当たっちゃうと気分いいねぇ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です